こんなに賢い!会計ソフトで申告までできる?

クラウド型会計ソフトとインストール型会計ソフトの違い


会計ソフトにはパソコンにCDを挿入してインストールが必要な従来型の会計ソフトと、インストールの不要なクラウド型の会計ソフトがあります。従来型の会計ソフトとクラウド型の会計ソフトの違いは、従来型の会計ソフトはパソコンのOSに対応したソフトを購入してパソコンにインストールをします。一方で、クラウド型の会計ソフトはオンラインサイト上にアクセスをして使用します。この時に使用量として年額か月額で使用量を支払います。オンライン上にアクセスをするときにパスワードと使用IDの入力を求められる点が従来型と違う点です。しかし一番の違いは確定申告の書類を作成するときの金融機関等の情報の更新頻度の多さが違いこれからの主流の会計ソフトとなっています。

image

クラウドソフトは莫大な確定申告の金融機関をリスト化している


クラウド型の会計ソフトが主流になると言うのは確定申告における金融機関の銀行や取引のある企業をリスト化されており、自社のクレジットカード情報や口座番号といった情報をあらかじめ入力しておくと金融機関や取引のある企業との取引情報をソフトウェアが自動で入力して勘定科目を自動で予測をしてくれます。また、更新頻度が高い為に取引の自動入力に対応した金融機関情報の更新も行なわれており、企業との取引情報や銀行との取引情報が自動で入力されない問題にも対応しています。また、会計ソフトで確定申告を行なうときに企業間での取引内容を詳細に書けるクラウド型ソフトウェアもあります。またカレンダー機能の搭載により曜日単位での取引を記載することも出来ます。